ワキガ 女性ホルモン

ワキガと女性ホルモンってどんな関係があるの?

ワキガと女性ホルモンの関係

ワキガは男性に多いものと思われていますが、
意外にもワキの嫌なニオイに悩んでいる女性は多いものです。

 

このワキの不快なニオイは、ワキの下にある複数の汗腺に関係しています。
汗腺の中でも、アポクリン腺から分泌される汗が嫌なニオイの元と考えられています。
そして、アポクリン腺は男性よりも女性が多い傾向があります。

 

さらに、女性に多くある皮下脂肪はアポクリン腺や
皮脂腺の働きを活発にする作用があります。
以上のようなことからも、ワキガに悩む女性が多くても不思議ではありません。

 

さらに、ワキガはホルモンとも関係していると言われます。
その証拠に、ホルモンの分泌がほとんどない子供は、
汗をかいても嫌なニオイを発しません。

 

そして、男女ともホルモンの分泌量が増える思春期頃から、
ワキのニオイが気になるようになります。

 

これは、ホルモンの影響を受けて、アポクリン腺と皮脂腺が発達するからです。
特に女性の体は女性ホルモンとの結びつきが強く、
それだけにアポクリン腺と皮脂腺が活発になる傾向があります。

 

例えば、月経前や月経中、妊娠中、出産後などは特にニオイが強くなります。
さらに、ホルモンバランスが乱れることによっても、
ワキのニオイが気になることもあります。

 

逆に、女性ホルモンが急激に減少する更年期以降は、
ワキガは軽減すると言われています。

 

ワキガの悩みは根深いですね。
こちらのサイトも参考にどうぞ。